〒670-0927
兵庫県姫路市駅前町188-1 ピオレ姫路6F

Tel.079-221-3627

姫路市の矯正歯科|歯並び・姫路

当院での主な治療方法

矯正歯科専門医 認定医・指導医について 最新のCT装置 リンク集
HOME»  当院での主な治療方法

デジタル矯正 Sure Smile システム

表側治療・裏側治療どちらにも適したカスタム治療

当クリニックではSureSmileシステムを導入しております。
この治療システムは、
 

1.綿密な診断
2.治療方針の決定
3.カスタム治療を提供できるシステムになります。
 

1998年に設立されたOraMetrix社(本社:テキサス州リチャードソン・アメリカ)により、SureSmileシステムは開発されました。SureSmileシステムは、最も正確で綿密な診断、治療方針の決定、患者様のモニタリング、カスタム矯正治療を提供できる革新的なDigital技術であり、2004年以降、アメリカ、カナダ、オーストラリアの400人以上の矯正専門医により用いられ、100,000人以上の患者様が治療されました。
ここ日本では、2010年より導入が開始され、現在までのところ7施設で用いられ、年間200症例以上がSureSmileシステムにより治療されています。
今後は、日本での導入施設が10施設を超えると予想され、さらなる発展が期待されます。 

Sure Smileのサイト 

 

SureSmileによる治療の流れ

SureSmileによる治療の流れ(図1)

1.最初に患者様の口の中をスキャニングし、診断用の3Dモデルを構築します。3Dモデルでシミュレーションすることにより治療目標を三次元で明確化することができます。

2.ブラケットを装着し、レべリング後、再度、口腔内のスキャンを行うことでブラケットと歯の正確な位置が再現されます。また、セットアップモデルを再構築することで、より現実的な個々の患者様に対応した治療目標が設定できます。

3.このセットアップの情報に基づいて、SureSmile wireをデザインし、ロボットで正確にワイヤーにベンドを行い個々の患者様に適用したワイヤーを提供することができます。

4.治療結果の評価を、3Dモデルの重ね合わせを用いることにより行うことができます。
 

診断用3Dモデル(図2)

基本的に、SureSmileシステムでは、2種類の診断用の3Dモデルを用いることが可能です。
一つはCBCTデータによるモデルで、骨、歯根の状態を再構築することができます。
もう一つは口腔内を直接計測可能な光学スキャナー(OraScanner)によるデータによるモデルで、歯冠および歯肉の状態が再現されます。

治療用3Dモデル(図3)

治療用3Dモデルとシミュレーションの一例を示すと、顎骨、歯根、歯冠そして歯肉の情報が仮想モデルとして正確に再現されているところに注目してください。今までの矯正治療では、顎の骨に対する歯根の位置を正確に評価することができず、矯正科医の経験によるところが大でした。しかしながら、治療用3Dモデルを用いることによって、歯根を正確に顎の骨の中に位置づけるような治療計画の立案が可能となります。
つまり、骨に対する最適な歯の位置のシミュレーションが可能となり、生体機能を考慮した治療計画を立てることができます。


SureSmileシステムに関する有効性は歯の表側からの矯正治療のみならず、歯の裏側からの矯正治療にも応用することができます。
また、最近注目されているアライナーの作成も可能となっています。
今後いろいろな角度からSureSmileシステムを用いることによって、より良い矯正治療を多くの患者様に届けることが可能となり、治療の精度、治療期間の短縮も可能なデジタル治療システムです。

このデジタル矯正治療およびそのフィロソフィは、われわれが進むべき道であり、必ずや矯正治療をより良いものに変革できることを信じてやみません。

 

マウスピース型矯正装置

マウスピースで矯正する方法

マウスピース型矯正装置は、透明で目立たず取り外し可能な矯正装置です。

マウスピース型矯正装置を生み出した米国アライン・テクノロジー社は、マウスピースに関する特許を中心に多くの知的財産を保有し、世界80か国以上での治療実績のある、多くの方におすすめできる矯正治療です。

マウスピース型矯正装置は、最初に1回採った歯型を3Dデジタル化し、治療完了までの緻密な治療計画を全世界の臨床データを基に立てます。
治療計画を忠実に具現化するため、再現性・正確性は群を抜いていると言えます。

従来のように、固定装置を装着しませんので、

1, 目立たない
2, 来院回数が少ない
3, 金属アレルギーの心配がない
4, 装置脱落の心配がない
 

メリットが沢山あります。 一定の装着時間を守っていただける方に非常におすすめの矯正装置です。

マウスピース型矯正装置のサイト 

 

レベルアンカレッジシステム Level Anchorage System

歯の表側から専用の器具を使って矯正する方法

レベルアンカレッジシステムは、Dr.RootとDr.Sagehornによって1979年に開発された「診断と治療手順が融合し、理想的な治療結果を達成する矯正治療システム」です。

Dr.Rootは南カリフォルニア大学歯学部の臨床教授であり、矯正治療法の講習会で有名なTweedコースの会長兼インストラクターでもありました。このシステムの特徴は、矯正装置の開発と矯正治療における一番難しいとされている個々の歯の移動をシステム化することに成功しました。 この事により、個々の歯の移動を予測できるようになり治療前に治療結果を予測できるようになりました。

レベルアンカレッジシステムでは、治療を始める前に具体的な目標(患者さんの現状からみて治療可能な最良の目標)を設定し、その治療目標を達成するためのしっかりとした治療手順を決定しますので、安定した結果を得ることが可能になりますので
 

1,機能(function)・・・正しい顎の運動を目指します

2,安定(stability)・・・安定した治療結果

3,審美(esthetics)・・・すばらしい笑顔に変わります。

ウィン リンガル システム WIN Lingual SYSTEM(裏側矯正)

見えないブラケットで見える治療結果

当クリニックにて使用していた裏側治療インコグニトを考案されたDr.Wiechmannが、さらに進化した裏側矯正システム「WIN」を開発されました。
ドイツラボにてカスタムメイドで装置を作成していきます。
コンピューター解析技術を駆使し、歯を正確な位置に短期間のうちに並べることができる画期的な治療システムです。

1.予知性の高い治療結果をもたらします。
2.永久歯列の方であればすべての方に適合します。 
3.非常にフラットなデザインなので非常に優れた快適性
4.安易な症例だけでなく難症例にも対応しております。
 

WINのサイト 

歯科矯正用インプラントマイクロスクリュー Implant micro screw

大幅な歯列移動を要する場合の補強法

矯正器具のみではではどうしても難しかった大幅な移動を矯正用implant micro screw(インプラント マイクロ スクリュー)にて助成することで、治療期間の短縮化を図ります。
当クリニックでは、矯正用implant micro screwを用い、患者様の負担を軽減させ、治療期間を短縮させる治療を行なっております。
 

従来は、ヘッドギアなどのように頭から装置をかぶる方法が多く取られてきました。
でもこれは、装着したまま外出しづらいなどの制限があり、患者さんの協力次第で効果が出るというものでした。インプラント矯正は、小さなスクリューを歯茎に埋入し、これを引っ張る土台(固定源)にして歯を動かします。
今までの方法と違って休みなく引っ張り続けるので、治療期間が短くなります。
そして、より確実で制度の高い治療結果を得ることができるようになりました。

 

 

i-station アイ ステーション

矯正治療の革命が起こる矯正用アンカレッジシステム

「i-station」は、斉宮康寛先生 ( 東京・神宮前矯正歯科 ) によって開発された、矯正用アンカレッジシステムです。

豊富な臨床経験に基づく画期的な構造設計は、日本のみならず米国・欧州・中国・韓国でも特許を取得しています。
また、河野製作所 ( 日本 ) の高い技術力が、「i-station」の特徴であるマルチフォースシステムを実現させました。
日本の特許に続き、韓国・中国・アメリカの特許を取得。
他国申請中ですが、トリプルAというすばらしい評価を頂いている装置です。
この装置が使用できるようになると、矯正治療の革命が起こるといっても過言ではありません。
今後は、アメリカ、ヨーロッパなど、世界中にi-stationが普及していく準備が整いつつあります。

    

ダイナミックな動きが可能です


この、i-stationを使用すると、今まででは考えられない程、スムーズに、そして容易に、歯並びを治すことが出来ます。i-stationを使用することにより、
1. ダイナミックな動きができるので、外科矯正が必要な方も手術なしで矯正治療が可能になります。
2. インプラントの埋入手術が容易なので、医院で手術が可能です。
3. 口蓋に埋入するので、脱離率が大幅に減ります。
4. 土台とアタッチメントが別々なので、治療の途中に打ち直すことなく、アタッチメントを変えるだけで、治療が可能です。

患者様の負担が少なく、治療をすることが可能です。
i-stationを用いることによって、技術を要する裏側矯正も容易に治療が可能になります。 また、外科手術が必要な難症例も入院することなく、治療が可能になります。
今までのプレートタイプのようなダイナミックな動かし方ができ、なおかつ、ミニスクリュータイプのように手術が容易になった、いう画期的な装置です。
PAGE TOP