〒670-0927
兵庫県姫路市駅前町188-1 ピオレ姫路6F

Tel.079-221-3627

姫路市の矯正歯科|歯並び・姫路

当院での主な治療方法

矯正歯科専門医 認定医・指導医について 最新のCT装置 リンク集
HOME»  当院での主な治療方法

レベルアンカレッジシステム(Level Anchorage System)

歯の表側から専用の器具を使って矯正する方法

矯正治療を開始する時、矯正医であれば誰でも頭の中に「こうなって欲しい」という治療目標をもっています。しかし治療目標が漠然としたものであれば、治療の進行につれて変化し、治療手順もその時々の状況に応じた不安定なものになりがちです。

しかし、レベルアンカレッジシステムでは治療を始める前に具体的な目標(患者さんの現状からみて治療可能な最良の目標)を設定するとともに、その治療目標を達成するためのしっかりとした治療手順を決定します。

DAMON(デーモン)システム

歯の表側から専用の器具を使って矯正する方法

従来の矯正歯科装置のように直接ワイヤーを縛り付けないので摩擦が少なく、優しい力で歯の移動が可能となりました。痛みが少なく治療が早く進む、歯を抜く確率が減少できる、といったメリットがあります。
DAMON(デーモン)システム



デーモンシステムは、健康な歯周組織を損なわない治療手順で行なっていきます。デーモンシステムのブラケットはシャッター式のスライドを持っていますので、従来の矯正装置のようにエラスティックやリガチャーでワイヤーを1歯ずつ固定しません。そのため摩擦が少なく、弱い力で歯を動かしますので、治療中の痛みは大幅に軽減されます。その他にもデーモンシステムには、非抜歯の確率が上がる、顔面周辺筋と歯のバランスが取れ、自然な美しいスマイルになるメリットがあります。現在では、従来のデーモンシステムの特性を持ちながら、スライド部分までオールセラミックで審美的にも優れた「デーモンクリア」が主流となっており、患者さまのニーズによりお応えできるようになっています。

WIN system ウィンシステム

歯の裏側から治療する方法

当院にて使用していた裏側治療インコグニトを考案されたDr.Wiechmannがさらに進化した裏側矯正システム「WIN」を開発されました。カスタムメイドで装置を作成していきます。
コンピューター解析技術を駆使し、歯を正確な位置に短期間のうちに並べることができる画期的な治療システムです。
WINのサイト

インコグニート Incognito システム

歯の裏側から専用の器具を使って矯正する方法

インコグニート Incognito システムは、日進月歩で発展しているコンピューター解析技術を駆使することによって、舌側矯正の問題点を改善すべく、患者様の負担を減らし、歯を正確な位置に短期間のうちに並べることができる画期的な治療システムです。
ドイツのバドエッセンで矯正専門医を開業している、Dr. Wiechmann により2001年より開発され、現在に至るまで毎年改良されて進化しています。
現在存在する数多くの舌側矯正治療法の中で最も優れた方法の一つと認められており、現在(2010年)では世界の60カ国で採用されています。

i-station アイ ステーション

i-stationを使用することにより、
1.ダイナミックな動きができるので、外科矯正が必要な方も手術なしで矯正治療を可能になります。
2.インプラントの埋入手術が容易なので、医院で手術が可能です。
3.口蓋に埋入するので、脱離率が大幅に減ります。
4.土台とアタッチメントが別々なので、治療の途中に打ち直すことなく、アタッチメントを変えるだけで、治療が可能です。
患者様の負担が少なく、治療をすることが可能です。i-stationを用いることによって、技術を要する裏側矯正も容易に治療が可能になります 外科手術が必要な難症例も入院することなく、治療が可能になります。今までのプレートタイプのようなダイナミックな動かし方ができ、なおかつ、ミニスクリュータイプのように手術が容易になった、いう画期的な装置です。
日本の特許に続き、韓国・中国・アメリカの特許を取得。他国申請中ですが、トリプルAというすばらしい評価を頂いている装置です。この装置が使用できるようになると、矯正治療の革命が起こるといっても過言ではありません。
今後は、アメリカ、ヨーロッパなど、世界中にi-stationが普及していく準備が整いつつあります。
この、i-stationを使用すると、今まででは考えられない程、スムーズに、そして容易に、歯並びを治すことが出来ます。

Implant micro screw インプラントマイクロスクリュー

大幅な歯列移動を要する場合の補強法

6mmから8mmほどの小さなねじを歯肉に埋入し、矯正装置とつなぎます。
矯正器具のみではではどうしても難しかった大幅な移動を助成することで、治療期間の短縮化を図ります。

当院では、矯正用implant micro screw(インプラント マイクロ スクリュー)を用い、患者様の負担を軽減させ、治療期間を短縮させる治療を行なっております。

 

側壁screw そくへきスクリュー
前歯部を後退させ、スペースクローズさせる。

これは、生体への害が無く、骨との親和性が高いチタン合金という材質で作られており、一生涯体内に埋没する人工関節などにも応用されています。矯正治療においては、このスクリューを図(→)のように顎の骨に植え、これを固定源として歯を移動するため、歯を効率的に移動できるようになりました。

PAGE TOP